×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

バリアント(四角や円形以外の異形)テーブルのご発注方法

バリアント(四角や円形以外の異形)テーブルのご発注方法を説明させていただきます。

楕円形や複合R付きのテーブルのガラスは他の形よりどうしても手間がかかります。
当店では次の手順で進めさせていただいております。
時間はかかりますが、寸法の誤差が少ない方法です。
 
①概算見積り
    異形であることと、短辺・長辺の最大寸法、ご要望厚さをお教えいただき、
    概算の見積りをいたします。
     自然木のようなCAD化できないであることはここで教えてください。


  異形テーブルお客様作図
 ②型紙を送っていただきます。(お客様→当店)
    簡単な異形が短辺だけでしたら、その部分だけでも結構ですが、コーナーがわかるよう明確に写しとって
    お送りください。
     紙の材質は何でも良いですが、できるだけ伸縮の少ない紙をご使用ください。
 
 ③見積り書送付

    型紙受け取り後、概算見積りと金額が変わる場合、連絡いたします。

  ④CAD原寸図作成・
     お送りいただいた型紙を測定、原寸図を当店で作成・お送りいたします。
異形テーブル CAD原寸図 1



 
 ⑤原寸図ご確認
お客様に原寸図を照合していただきます。変更すべ点があれば、原寸図に記入し、返送していただきます。ご了解いただければ、制作指示のご連絡をいただき、ガラスの生産を進めています。

異形テーブル 完成

  ⑥生産・納品
他の形状のガラスと同じように進めて参ります。










        お見積りは下記より お気軽にお願いいたします

                      お見積りフォーム

              ご質問は お気軽にお問い合わせください。

                                              お問い合わせ


自然木などCAD化できないテーブル


自然木などCAD化できないテーブル自然木などCAD化できないテーブル
自然木などCAD化できないテーブル


自然木の場合
 ①CAD化が無理な自然木などの場合は、職人による手切りになります。
         CAD原寸図
の代わりに伸縮の無いコーティング紙を送付いたしますので、お客様に
     型紙として写しとっていただきます。二度手間をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。
   ② この型紙の上にガラスを置いて、職人がガラスを切ります。
    変形の関係でどうしても、切れない部分などは形状通りにならない部分も発生することがあります。
   


価格の目安  5mm強化ガラス(写真のガラスの価格ではありません。)
   2000mm×900mm     60,000円~

       お見積り、ご質問 何でもお気軽にお問い合わせください。

                      お問い合わせ