×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

フロート板ガラス

板ガラス


・板ガラスにはフロートガラスと表面に模様のついた型板ガラス、ガラスの中に金網が入った網入りガラス等があります。
・透明の板ガラスのほとんどが、フロート方式で生産されているためフロートガラスと呼んでいます。
・フロートガラス(透明)の厚さは2、3、4、5、6、8、10、12㎜を用意いてします。
・透明の強化ガラスもこのフロートガラスを使用しているため、フロート強化ガラスと呼ばれることがあります。

【ご注意】フロートガラスは熱処理された強化ガラスとは違い破壊した場合、衝撃部より、亀裂が入り、大きな欠片や、
鋭くとがった破片になりますので 破壊した際には、破片の脱落等の注意が必要になります。

お客様の要求に応じ、希望のサイズにてお届けが可能です。お気軽に、問い合せご連絡下さい。

ガラス周縁部の主な加工状態の紹介ページがありますので、ご参考にしてください。 

フロート板ガラス


一般的なガラス板です。ガラスの厚みも色々とお選びいただけます。代表的なガラス厚みを商品登録しておりますが、各厚み取り扱っていますので、お気軽にご連絡お願いいたします。
    
 
 

 熱線吸収板ガラス

熱線吸収ガラスは、着色された板ガラスです。
美しい色彩で、見た目の美しさとともに、高い機能を兼ね備えています。直接の日差しをやわらげ、特に透明感を妨げないグリーンを紹介いたします。
 
 

 型板板ガラス(霞 カスミ)

・型板ガラスとは、ガラス板生産時に模様をガラスに施したものです。
 
 

 網入りガラス

・網入りガラスとは、ガラス内に金属製の網を封入したものです。